こんにちは、Saayaです。

 

この間、久しぶりにセレブ主婦雑誌の代表、

Veryを読んでみました!

出産直後はVeryに載っている生活が

あまりにキラキラしすぎて

逆にイライラしていた私^^;

 

そのおかげもあって、

私は今のビジネススタイルに行き着いたので

雑誌Veryにはむしろ感謝しているのですが

 

久しぶりに目を通してみたら、

 

 

あれ?なんか雰囲気変わってる・・・

 

 

と感じたんです。

 

 

今までは、高収入の旦那さんをGETし

自分も趣味で収入を稼ぎつつ

子育ても楽しんでいるママの

御用達雑誌、というイメージでしたが

 

 

私が読んだときはどちらかと言うと

 

 

子育ても自分磨きも仕事も

全部頑張る女性を応援!

 

といったような内容でした。

 

きっと、ここ数年で

Veryを読む女性層の興味関心が

ちょっとずつ変わってきたのでしょうね。

 

 

さて、そんな雑誌Veryの中で

私が一番気になった単語が

 

ワーママ

 

です。

 

新しい造語のようですが、

働くお母さんと言う意味の

ワーキングマザー

略してワーママ

と言うそうですね!

 

私にとっては耳慣れない言葉でしたが

 

仕事第一のバリキャリ

子育て中心でパートなどで働くゆるキャリ

そして家庭・仕事・自分磨きの3足のわらじを履く

ワーママ

これから色々なところで

使われていきそうなワードですね。

 

現代はこのワーママを目指す

既婚女性が一番多いのではないかと思いますが

ではそのワーママについて

色々と考察して行きたいと思います。

 

ズバリ!ワーママの年収は?

一番気になるのがこの話題でしょうね。

子供を保育園に預けて週5で働くと

どのくらいの年収がもらえるものなのか?

 

これを調べたところ、

勤続年数や職種にもよるとは思いますが

 

正社員のワーママの平均年収

250万円前後

 

派遣社員やパート職の場合は

190万円前後という

調査結果が出ていました。

 

 

正直、もっともらっていると思っていました・・・

 

もちろん、もっと稼いでる人も

いらっしゃると思いますが、

いわゆる残業なし時短勤務だと

このくらいの年収をもらっている人が

多いのではないかと思います。

 

 

私の友人たちも、

だいたい今3歳前後のお子さんを

育てている子が多いのですが、

 

私のお給料は子供の保育代と

出勤のための服代やお昼代で

ほぼ無くなるよ

 

と言っていたので、

計算は合っているかなと思います。

 

逆に、これ以上稼ごうと思うと

よっぽどの専門技術か

残業や出張も厭わずに

バリバリ働ける状態でないと

厳しいのかな、と思いますね。

 

ワーママはスゴイけど疲れたという本音

私の友人で、いわゆるワーママをしている子達は

総じて現状に満足しているようです。

 

その多くが産休と育休を取得して

職場復帰をしているケースですので

ある程度、復帰後の状況が

予想できてはいたようです。

 

でも、ネットで「ワーママ」と調べると

 

疲れた

つらい

辞めたい

 

という本音も見えてきます。

 

家事や育児は

ただ単にこなすだけでもかなりの仕事量ですが、

特に子供が小さかったらまだ意思の疎通も

なかなか取りにくいので、

1人の時間がほぼ持てないですよね。

 

なので、仕事をしていることで

育児や家事から離れて1つのことに集中できて

かつ自分のしたことが給料という形で還元される

という点がやはりワーママであることの

最大のメリットなのではないかと思います。

 

とはいえ、仕事はただ行けばいいのではなく

それなりのパフォーマンスを求められますし

人間関係もソツなくこなさなければなりません。

 

家事育児から数時間離れられるのは

良いのですが、その分、時間との戦いで

日々が過ぎて行きます。

 

 

そのめまぐるしい毎日のなかで

緊張の糸がプツンと切れてしまうと

ワーママをしている女性たちは

 

仕事辞めようかな・・・

 

という気持ちになりがちなようですね。

 

ワーママになれば、

全てが解決できる訳では

ないのも事実のようです。

 

 

職場でのワーママの評判はウザい・嫌い・迷惑!?

 

さらに、頑張っているワーママには

キツイ検索ワードがわんさか上がっていました・・・

 

お子さんがいて、時短勤務の方が

必ずそうであるとは思いませんが、

そのような働き方をする人と

同じ職場で働く同僚さんたちは

全員が良い感情を持っている訳では

ないようで、その現実もワーママ

 

仕事、辞めようかな

 

 

に繋がりかねない一因のようです。

 

ワーママへの評判が

なぜウザい嫌い迷惑なんて

マイナスなものが増えてしまうかというと

 

おそらくワーママをしている方の中に

 

自分は子供の都合で休んで当然

残業はしなくて当たり前

 

という態度や、

 

自分の業務をカバーしてくれている人がいる

 

という意識の薄さから

反感を買っているケースがあり

そういった人たちのイメージが一人歩きして

ワーママの評判が落ちてしまっている

可能性もあるようです。

 

難しい問題ですね。

 

どうしたらワーママの評判が上がるのか

 

だからと言って、

子供がいながら仕事を続けることに対し

罪悪感や後ろめたさを感じる必要は

ないと私は思います。

 

子供を育てながらしっかり働いて

様々な役割を果たすワーママな友人は

私から見ても生き生きして素敵です。

 

では、そんな友人たちの話を聞く中で

どんな努力をしてワーママを続けているのかと

ちょっと探ってみたら

やはりみんな

 

「感謝」

 

を日々忘れずに行なっているということでした。

 

子供を預かってくれる保育園の先生

いざという時に頼れる自分の親

そして、職場で支えてくれる同僚や上司

 

こういう方達に、

いつも感謝の気持ちを持ち

そして代わりに何かできることはないか

と意識をしながら生活しているそうです。

 

これは決して、ワーママだけに

必要なスキルではなく、

人間関係においては

大事な要素ですよね。

 

 

私のネットビジネスでは

もし子供が病気になったり

自分の用事が入った時は

自分の裁量で仕事時間を調整できるので

そのせいで誰かに迷惑をかけるということは

よっぽどのことがない限り発生しません。

 

 

でも、一生懸命会社で働いてくれる主人のおかげで

自分の好きなように働けていますし、

 

私の元でネットビジネスを学んでいる

生徒さんたちと通話したりメール返信する時に

大人しく隣で遊んでくれたりする息子にも

感謝の気持ちは忘れないようにしていたいと

常に思っています。

 

ネットビジネスをしていることで、

毎日2時間程度で月収10万円以上

自宅やカフェでパソコン1台あれば

稼げているので

 

ワーママほどではありませんが

年収にすれば120万円の収入

手にすることができています。

 

 

将来的にはもっと稼働時間を増やして

年収を2倍、3倍にすることも

可能ではあるのですが、今は

家庭の時間を第一に考えながら

収入は惜しみなく家族や自分のために

使っていこうと思います。

 

1日2時間程度なら、

専業主婦からちょっと仕事をしてみたいあなたも

ワーママで忙しいけど収入を増やしたいあなたも

実践することは可能だと思いますので、

私のネットビジネスに興味がある方は

下のバナーから私のメルマガを登録して

稼ぎ方のノウハウをGETしてみてください。

 

忙しい方でもスキマ時間に学べるように

動画教材にしてお届けしています。

 

この教材が無料なうちに早めに手にしておくことで

稼げるようになる日も近づきますよ。