こんにちは、Saayaです。

 

私だって自分で稼ぎたい!

そう思っている主婦はかなりいると思います。

 

 

でも、家族を優先して生活している主婦に

なかなか都合のいいお仕事というのは

見つけにくいです。

 

そんな中で、

自宅でお稽古できるサロンを開く、

サロネーゼという働き方が

数年前からブームですね。

 

サロネーゼという名前からして

とても優雅で自由なイメージですが

立派なプチ起業の1つですね。

 

 

かくいう私も、息子を妊娠中に

アイシングクッキー教室に通い、

資格を取ってサロネーゼになる資格は

手に入れたのですが、

やはり自宅サロンを開くのは

なかなか大変で、趣味の1つとして

クッキーを焼くに止まっています。

 

 

でも実際にサロネーゼになるなら

どれだけのことが必要で、

どのくらいの収入が見込めるのかを

調べてみました!

 

 

サロネーゼになるには

 

サロネーゼとはなんと優雅な言葉なんでしょう。

 

イメージでは、素敵なお家に

生徒さんをお招きしてレッスンし、

最後にお茶とケーキを食べながら

楽しくおしゃべり。

 

レッスンは先生の都合で週に2回ほど、

家族のいない時間に行うので

先生とママの二足の草鞋を履いて

プライベートも仕事も充実!!

 

理想の生活ですね。

 

そんなサロンを経営する

サロネーゼになるには、

まずはお稽古事を教えられる資格を

取ることから始めます。

 

ここで選ぶ資格は、最近は色々あるので

好きなものを選べばいいと思います。

 

私は、兼ねてから興味のあった

アイシングクッキーを学びました。

 

サロネーゼとしての収入は?

 

妊娠中にレッスンに通っていた

私の目標は

ちゃんと先生から直接習いたい」という

ものでしたが、

一緒に習った人たちの多くが

この資格で仕事ができるようになりたい」という

希望を持っていました。

 

1ヶ月ほどのレッスン期間は

あっという間に終わり

無事に資格も取ることができました。

 

楽しく学べて、かつ先生から直接学べたので

技術や知識もしっかり習得できたため

満足度の高い講座だったと思います。

 

 

講座費用としてかかったのは約10万円

 

この中には12時間ほどのレッスン費

材料費や道具費なども含まれます。

 

 

私も、資格を使ってレッスンをすると、

同じ料金を生徒さんから

取ることができるのですが

そのうち、4割は資格をくれた協会へ

お支払いすることになります。

 

すると、12時間のレッスンを

6万円ほどですることになりますので、

単純計算をすれば時給は5000円程に

なるはずなのですが、

実はサロネーゼには表に出ない

大きな出費がたくさんあるのです!

 

サロネーゼは儲かるの?

 

もしアイシングクッキーの講座を

開こうと思ったとします。

 

すると、まずするのは

クッキーを焼くことアイシングを作ること。

 

これに最低でも2時間はかかります。

 

当日にぶっつけ本番で

レッスンをしても良いのですが、

やはり失敗しないように

予行練習をするならば

事前に自分で作るとなると、

大体5枚ほどの作品を作るのに

1時間ほどはかかります。

 

さらに、自宅サロンならば

お家を綺麗にしたり、道具を揃えたりと

いつもに増して念入りな掃除が

必要になりますね。

 

1日2時間のレッスンをするにしても

実は事前準備に+3時間ほど

追加の時間が必要なので、

この時点で純粋な時給は2000円程に減ります。

 

しかし、問題はこれから。

 

材料費や光熱費など

自己負担となります。

 

 

クッキーを作るのには

小麦粉やバターが必要です。

 

小麦粉やバターって最近高いですよね^^;

オーブンで焼いたり

使った調理器具を洗ったりするのにも

電気代や水道代がかかります

 

そのあたりを計算に入れると

時給はドンドン下がっていきます。

 

 

でも、問題はお金だけではないのです。

 

自宅サロンのメリットとデメリット

 

 

サロネーゼの素晴らしさは、

何と言っても「自宅が使えること」。

 

通常は起業をしたら

お店を開いたり、事務所を借りたりして

家賃を支払う必要があります。

 

どんなに安くても、

家賃って月3〜4万はかかるので

1年にしたら結構な額になります。

 

これがかからないのは大きなメリットですよね!

 

 

でも自宅を使うことによる

デメリットもあります。

 

①自宅に第三者が出入りする

 

もちろん、信用した人しか

生徒さんとして迎え入れないのは

当たり前ですが、

防犯上はどうしても不安は残ります。

 

私の知り合いのサロネーゼ

レッスンのたびに大切な備品が盗まれた

入って欲しくない部屋に入られた

高価な食器を壊された

など、苦労は絶えないようです。

 

 

②家族にも我慢を強いることがある

 

夫や子供のいない時にレッスンをすると

決めていても、準備は前日にしなくては

いけなかったり、

生徒さんの都合で、休みが好きなように

取れなかったりもします。

 

生徒さんは基本的に世間がお休みの時や

仕事終わりにレッスンをしたいので

土日や夕方18時以降の講座の方が

たくさん生徒さんを取れるでしょう。

 

そうなると、家族時間が減ってしまいますね。

 

頻度はある程度コントロール

できるかもしれませんが

少なからず家族に我慢はしてもらう

必要がありますね。

 

 

③休みの日にも気が抜けない

 

自宅をサロンにしていることは

ご近所にいつかは知れていくでしょう。

 

あちらの奥様、サロネーゼなのよ」と

噂になるのはちょっと鼻高々ですが

そうするといつも「先生」としての

評判を気にして生活することになります。

 

スッピンパジャマでゴミ出しも、

TシャツGパンでコンビニへ買い物も、

見られているかも」という意識を

常に持ち続けなくてはいけません。

 

普段から意識の高い人なら

良いかも知れませんが

気が抜けないので

休日が休日でなくなる可能性もあります。

 

 

このように、自宅サロンは

金銭的には助かりますが、

精神的には負担も増えてしまうという

デメリットと表裏一体なのです。

 

サロネーゼの意外な出費

 

考えるべき出費は他にもあります。

 

 

①レッスン後のお茶やケーキ代

 

レッスンが終わった後に

先生を交えたお茶時間も

おケイコ事の楽しみの一つ。

 

そのお茶やお菓子も先生側が

用意しなくてはいけません。

 

 

優雅なサロネーゼが

スーパーで買った100円スイーツを

出すわけにはいかないですよね^^;

私は好きですけど・・・

 

 

その出費もバカになりませんし、

当然お片付けも必要です。

 

 

②衣装代

 

サロネーゼたるもの、

毎回同じ洋服でレッスンなんて

許されません。

 

服だけではなく、

ネイルやお化粧、アクセサリーも

華美過ぎず地味すぎずで

清潔に保たなくてはいけません。

 

それを普段の身だしなみの一環とするか

レッスンのための必要経費とみるかで

多少違ってくるでしょうが、

気が抜けないしお金もかかりますね。

 

サロネーゼをするメリットはお金ではない

 

正直、儲けようと思って

サロネーゼになるのは

得策ではないと思います。

 

 

そもそも、サロネーゼは優雅でなくては

いけないので、ガツガツした雰囲気では

絶対に良い生徒さんは来ません

 

普段から意識の高い毎日を送っている

人と関わるのが大好き

自分の生活を人に見て欲しい

 

そんな風に思える人でないと

サロネーゼは務まらないですね。

 

私も、アイシングクッキーの技術は

お金儲けをしたいのではなく、

家族や友人を喜ばせるため

使っていこうと思っています。

 

 

サロネーゼ成功のために必要なのは集客力

 

例え大変なことが多くても、

サロネーゼとして頑張っていきたいと

思う人も多いでしょう。

 

そういう人はもちろん成功して欲しいのですが

この前まで全く無名だった先生が

ある程度の収益を上げるためには

生徒さんを集める必要があります。

 

 

今はSNSという手段で

お金がなくても世の中に情報発信が

可能となっています。

 

でも、

この先生に習いたい!

とたくさんいる先生の中から

選んでもらうのは大変なことです。

 

サロネーゼの資格取得では、

この大事な集客力は教えてもらえないので

あなたがどんなに素敵なおウチで

高い技術を誇るレッスンを用意しても

生徒さんに見つけてもらわないと

なんの意味もありません。

 

 

私が行なっているネットビジネスは

この集客技術をしっかり学ぶので

パソコン1台でしっかり集客ができ

月収10万円が可能となっています。

 

 

 

私の無料メルマガに登録すると

今なら特典として

集客力に関する教材を含む

動画教材50本以上をプレゼントしています。

 

 

自宅でサロネーゼになりたい人はもちろん

在宅で稼いでみたいと思う人は

効率良くお客様を呼び込む秘訣を

私の教材を使って学んでみてください。