こんにちは。Saayaです。

 

 

専業主婦になりたい!

 

そう思う女性が増えているそうなんです。

 

この不景気も影響しているのかもしれませんが、

私が専業主婦の仕事について

深く考えたきっかけが

 

あの大人気ドラマ「逃げ恥」こと

 

「逃げるは恥だが役に立つ」

 

でした。

 

新垣結衣ちゃん扮する、主人公のみくりが

星野源さんが好演した平匡さんに

月収19万ほどを頂くことを条件に

契約結婚をするストーリーです。

 

 

契約結婚における、みくりの役目は

妻としての家事全般を請け負うこと。

 

 

二人の恋模様も楽しみな内容でしたが

妻業を月収19万ほどで換算したことで

色々な問題提起をしていた点も

結婚している女性はもちろんのこと

これから結婚を考える人にも

ウケた要因だと思います。

 

では、平匡さんのような男性と結婚し

専業主婦として生活するには

いくら年収があればいいのでしょうか?

 

専業主婦をするには最低でも年収600万!?

 

現代の平均年収は

約300万円

と言われています。

 

ここからちょっと踏み込んで、

男性の年齢別に分けて見ると、

 

20代後半 370万円

30代前半 440万円

30代後半 500万円

 

とのこと。

 

やはり、年齢が上がるほど役職も上がるため

年収も上がるようになっています。

 

逃げ恥の平匡さんも

35歳の独身男性でIT企業にお勤めでした。

 

設定上は、年収は600万円ほどだったようです。

IT企業なのと、専門スキルを持っているとのことで

平均より少し高めの年収ですね

 

 

婚活市場でも、

女性の求める男性の年収は

600万円が一番多いそうなんです。

 

しかし、600万円の年収を持つ男性は

かなり少数です。

 

また、年収600万あると

どのくらいの生活ができるのかも計算してみました。

 

 

家族構成ごとの生活費は?

 

もし、一生子供を持たずに2人だけで生活するとすると、

住宅購入資金や老後の最低限度の生活費で

年収450万円ほどが必要です。

 

 

子供を1人持つとすると

教育費が通常1000万円かかると言われているので

それを計算に入れると、

年収550万円ほどが必要になる計算です。

 

もし、子供2人を持つとなると、

年収640万円ほどが必要だとのこと。

 

 

単純計算で、

子供が増えるごとに

年収100万円をプラスする必要がある

ということになりますね。

 

専業主婦になりたい理由は?

 

では、最近の女性が専業主婦になりたい理由は

なんなのでしょうか?

 

男女雇用均等法が施行されて

かなり女性の活躍が叫ばれている昨今ですが

それでもやはり、結婚すると

家の中のことは女性がやることが

圧倒的に多いです。

 

こればかりは、向き不向きもあるので

単純に半分ずつ担当というのは難しいように

私自身や周りの状況を見ていて感じます。

 

 

そういった、

家庭と仕事の両立が難しいことや

キャリアアップに限界を感じて

専業主婦を目指す女性も

決して少なくないようですが

 

本気で専業主婦になりたいと

切望するタイミングは

子供が生まれた時

が圧倒的なようです。

 

 

私自身も、子供を産むまで、

働くことも生きがいの一つでした。

 

ここだけの話、子供を産んでみて

万が一、自分に子育て業が向いてなかったら

どうしよう・・・社会復帰できるかな、と

ちょっと不安に思っていました。

 

でも、生まれてみたらやはり我が子は可愛い!

ちょっとした仕草や

なんてことない成長も

全て新鮮で愛しくて、

毎日主人にそのことを報告して

夫婦で笑うのが日課になっています。

 

この状況から逆に、

子供と長い時間離れて働くのは

私にとっては辛いです。

 

特に、私の子供は男の子なので

こんなにべったり一緒に過ごせる時間は

あと数年だと思うと、

この小さい時の時間を

大切に過ごしていきたいですね。

 

専業主婦になれる可能性は2%!?

 

じゃあ、年収600万円の男性をゲットすれば

理想の結婚生活が送れると仮定して

そのような旦那さんを見つけられる確率は

どれくらいあるのでしょうか?

 

結果から言えば、

年収600万円の男性と結婚できる人は

約10%

さらに専業主婦になれる人は

2%しかいないそうです!

 

 

ものすごく狭き門・・・

 

さらに、年収600万円

夫婦2人と子供2人で生活できるという試算は

東京23区など都心の場合は

かなりの節約に励まないと

生活は成り立ちません。

 

 

専業主婦として生活できたとしても、

妻として母として女性として、

満足のいく生活ができるかどうかは

別問題です。

 

幸せな専業主婦になるには?専業主婦でもお小遣いが欲しい!

 

専業主婦になる=幸せになれる

 

とは必ずしも言えない現代。

 

みくりみたいに平匡さんのような

理想の男性を見つけるのは至難の技なのですね。

 

 

私の場合は、

結婚後はもともと産休や育休はない

パートとして働いていたため、

妊娠と同時に仕事を辞めざるを得ませんでした。

 

なので、結果的に今は専業主婦です。

 

主人は決して高所得者ではありませんが、

一生懸命お給料を稼いできてくれるし

私が専業主婦になることも

了承してくれたので、ありがたいと思っています。

 

でも、子供が生まれた当時は

産後のイライラもあったのでしょうが

育児協力をほとんどしてくれない旦那さんに

ものすごく怒っていました。

 

 

直接文句を言ったこともありましたが

毎日10時過ぎまで仕事せざるを得ない

旦那さんも疲れていたのは事実で、

そんな状態で文句を言っても

解決しないことばかりでした。

 

 

そんな中、小さい子供を抱えながら

私が空き時間にしていたのは

ネットサーフィンで

 

「専業主婦 年収」

「子持ち主婦 在宅 仕事」

 

などのワードでの検索です。

 

 

色々な情報が載っていましたが、

そこには私の現状を

解決する方法は書いていませんでした。

 

 

むしろ、

専業主婦はコスパが悪すぎる 

専業主婦になるには年収1000万円ないと不安 

専業主婦からの社会復帰は不可能

 

こんな書き込みを見たりして

余計不安になって、

気持ちが落ち着くどころか

焦りばかりが募る毎日でした。

 

 

そんな中で出会ったのが、ネットビジネスでした。

 

現在は、毎日1時間半ほどの作業で

月収10万円を稼いでいる私ですが

この自分だけの収入があることで

自立した心豊かな生活ができています。

 

 

月収10万円があれば年収120万増えるということ

 

自立した心豊かな生活とは

どんな状態のことなのか?

 

それはつまり、

私が月収10万円を稼げていることで

私たちの世帯年収は

120万円アップ

したという点です。

 

これは、先ほども検証した通り、

家族に子供1人増えるごとに

約100万円の年収アップが必要

という事実に重なりますね。

 

その必要な年収分を

私が稼いでいるんだという自信

は、私を大きく支えてくれています。

 

さらに具体的に言えば、

私が月収10万円を稼げることで、

 

子供の教育費

子供の洋服代

子供のおもちゃ代

私の服飾費

子供と入るレストランでの食事代

 

こう言ったものを

自分で買うことが出来ているのです。

 

 

家事育児に疲れても、

お金がないから家から出られない

 

買いたいものがあっても、

自分のお金じゃないから自由に使えない

 

このような悩みは、

ネットビジネスのおかげで解決しました。

 

 

子供を家で見ながら稼げるし

時間も外で働くより

断然融通が利きます。

 

さらに、自分は家事育児だけを

やっているわけでなく

しっかり社会とつながっているという

意識を持てること

思いがけない利点になっています。

 

 

稼ぎながら育児の息抜きもできる

子育てと仕事を両立できる

自立して稼げる自分に自信が持てる

 

専業主婦になるだけでは

決して得られなかった喜びを

あなたもネットビジネスで体験してみませんか?